友達に依存し過ぎてはいけない・・・

依存するのではなく、互いを引き上げる存在になろう

あなたはついつい友達に依存してしまうことってありませんか?

 

漫画や映画に出てくるような、何でも頼れて相談できる

 

まるでソウルメイトのような友達・・・・・そんな存在が自分にもいたらいいと思いますよね。

 

しかし、残念ながらそのレベルの友達って人にもよりますがそうそうできるもんじゃあありません。

 

基本的には人間は独立した個人であることをちゃんと理解しましょう。

 

そこを理解して付き合うからこそ、一番いい距離感が見つけられ

 

いい関係を気づくことができるという部分もあるはずです。

 

どんなに仲の良い友達同士でも、あんまり依存されてる感が強くては

 

付き合いづらくなってしまうもの。

 

また他人にはあなたを100%理解することは出来ませんから

 

依存されれば迷惑な気持ちが相手に生まれてしまうこともあります。

 

依存しうのではなく、友達として互いを高めあう存在になれれば

 

ずっと互いが互いを尊重し、尊敬できる存在でいることができます。

 

辛い時など、本当の友達なら、友達の重荷や足かせのような存在にならないようにしましょう。

 

そういった気づかいが互いの関係をより高みへと引き上げてくれますよ!

 

相手に依存しすぎると敬遠される

 

利害関係のないお付き合いをすることでインスピレーションを与えてくれる人に依存しすぎる傾向もあるのかも。

 

負担になりすぎないお願い事をすることが、相手を成長させることになります。

 

世話を焼いたりフォローし合うことも大切で、協力や共感をえることで親近感も高まりますが、違いを認めるべきとこは認めて、依存体質からの脱却も図っていきましょう。

 

逆に気が付いたら、あれこれ世話を焼いていることも多くなりそうで、相手もあなたを頼りにしてくるので、一緒にいて心地いい関係を築いていけるでしょう。

 

あまり干渉しすぎると相手の可能性を狭めてしまうので寛容になることも大切であると思います。

 

コツコツ地道な努力を!骨身を惜しまないこと

 

簡単に解決できない困難な問題であればあるほど、自分の身を削ってでも、コツコツと地道な努力を積み重ねて、即効性がなくてもポジティブに解決しようという姿勢が大切です。

 

それは、解決への苦悩が深ければ深いほど、精いっぱいの努力をしている手ごたえを実感できるはずです。

 

その実感がやがては、快感につながっていくので、人一倍の努力でさえも、まったく臆することなく、その持ち前の天性の明るさで気持ちよく受け止めていくことができるのではないでしょうか。

 

どんな苦労も困難も、あなたにとっては目標と言うゴールへの1つのステップやプロセスに過ぎず、超えて当たり前のことなのかもしれませんね。

 

同性以上になんでも話せる異性の友達とは!?

 

お互いに同性に話せないことを相談する存在に!

 

なんでも相談できるというのが仲間ですよね。

 

友達関係に性別でいることの関係ありません。

 

同じ趣味趣向に関して話をしたり、抱えている悩みなどを伝えることも、男と女のみで飲む場合が考えられます。

 

とは言っても、恋人の関係や夫婦では、パートナーが自分以外の異性との関わりを許容してくれるわけではないです。

 

友情と恋人関係の境界線には下心や恋心という、ないに等しいような分け目でしかありません。でもラインを越しることで友情は終わってしまいます。

 

異性の友達といえども、続けたい友情がこそにあれば深く考えることが大切だろうと推測されます。

 

友情の確かなものがないため、男と女の間では友達同士というものがありかというお題は、欲望は概念的思考において判断できるののかという課題と深く関係するでしょう。

 

男女それぞれに相方と認識している人がいることで幸せを感じる様子など、条件等が揃うことであり得ることにつながるのでしょう。