自分のスタンスで決まるお友達とは

最後は自分がどうしたいが決定打!

性別が異なる人との友好的な関係はあり得るののか?成り立たませんか?みたいな論争が男性と女性の間で果てしない問題ということです。

 

自分のスタンスで、”仲間”であるという考えそのものが漠然としているので、どんな関係がお友達であると決定するか、個人ごとに考え方は大きくに相違があるものでです。

 

友達同士と恋愛関係との境界線においては恋心とか下ごころなど、あるかも不明な分け目だけなのです。

 

でもラインを踏み入ってしまうことで親友はもはやこれまでです。

 

続けたい友好関係ならば強く考えることが大事でしょう。

 

異性の親友関係というものが成立したかどうなのか、そういうテーマで結果という形を探求するより先に、両想いの人、結婚相手である大切な人はどんな風に信じるのか等を受け止めてパートナーのことを考える心を出して、各人友好関係を形成していこうとする感情が重大なことだろうと思います。